子宮頸がんについての詳細について

女性疾病保険@乳がん、子宮筋腫、帝王切開、流産など

トップページ > 子宮頸がんについて
子宮頸がんについて

女性ならではの病気で、近年話題になっているものは、子宮頸がんです。子宮頸がんは、婦人科系の病気のなかでも患者数が多く、特に20代から30代の発症率が増加傾向にある病気なのです。子宮頸がんは、子宮の入り口付近の子宮頸部にできるがんのことで、がんの進行具合によっては、子宮や子宮の周辺の臓器を摘出しなければならなくなってしまう怖い病気なのです。女性にとって子宮を摘出するということは、今後妊娠や出産ができない身体になってしまうということですので、医師の方々は、がんの治療には細心の注意を払われておられます。がんはよく遺伝が関係していると言われますが、子宮頸がんは特殊ながんで、遺伝性がないと言われており、性行経験がある人なら誰しもが発症する可能性があるがんなのです。近年、子宮頸がんの研究が進み、原因やがんができる過程が解明されてきています。子宮頸がん予防ワクチンも登場し、医療機関で予防接種を受けることが出来るようになりました。また、政府も子宮頸がんで苦しむ方が少しでも減るように、20歳から40歳までの女性を対象に5年おきに無料で子宮頸がんの検診を受けることが出来るチケットを配布する活動をされています。

Copyright © 2011 女性疾病保険@乳がん、子宮筋腫、帝王切開、流産など . All rights reserved