PMSの予防と症状の軽減についての詳細について

女性疾病保険@乳がん、子宮筋腫、帝王切開、流産など

トップページ > PMSの予防と症状の軽減について
PMSの予防と症状の軽減について

皆さんは、PMSという病気について知っていますか?
日本語では、「月経前症候群」というものです。

女性のほとんどが、生理前や生理中には、体調不良や感情の変化を多少は感じることでしょう。

一般的なのが、「イライラしがち」「怒りっぽくなる」「悲しくなりやすい」「下腹部痛」「頭痛」「むくみ」「食欲が異常に増加する」などです。

これは、症状が軽くてもPMS月経前症候群の症状のひとつです。

しかし、この症状が、非常に顕著に現れて、普通の生活をするのもままならないほどの人もいるのです。

生理前になると、「まるで別人」のようになってしまい、怒鳴り散らしたり、死ぬとほのめかしてみたり、配偶者に当たったり、泣き出したり、・・・本人が一番辛いでしょうが、毎月それを見る家族も、とても大変ですよね。

特に、小さな子供の子育てをしなければいけないお母さん達は、非常に大変です。

PMSは、ホルモンのバランスの崩れが大きな原因と言われています。
ですから、生理が終わると、元どおりになる人が多いです。

治療法、予防法は様々ですが、例えば低容量ピルを飲んで、ホルモンの量を調整するとか、ホルモン剤の投与によっても症状を軽減できる場合があります。

また、毎月大体決まった時期に気分がすぐれなくなるのを知っているのであれば、その時にリラックスできるように色々な工夫をしておくとか、忙しくなり過ぎないようにするとか、ゆったりできるグッズを用意する、などによっても、多少は辛い症状を軽減できるでしょう。

Copyright © 2011 女性疾病保険@乳がん、子宮筋腫、帝王切開、流産など . All rights reserved