女性疾病保険@乳がん、子宮筋腫、帝王切開、流産など

女性疾病保険@乳がん、子宮筋腫、帝王切開、流産など

女性疾病の保険を考えておきましょう

女性ならではの病気で、近年話題になっているものは、子宮頸がんです。子宮頸がんは、婦人科系の病気のなかでも患者数が多く、特に20代から30代の発症率が増加傾向にある病気なのです。

乳がんのセルフチェック

女性特有の病気として代表的なものに、乳がんが挙げられます。近年は、メディアなどでも取り上げられることが多くなったため、乳がんに関心を持つ人も増えていると思われます。

しかし、病気に罹った人が身近にいないと、まだどこか他人事のように捉えてしまいがちです。誰でも発病する可能性がある病気として、正しい知識を持ち、日頃から気をつけてセルフチェックをしていきたいものです。乳がんは、乳腺にできるがんです。良性であることが多い乳腺症のしこりは、軟らかいものが多いですが、乳がんのしこりは、硬いものが多いのが特徴です。

そして、乳がんは、乳房の形状にひきつれなどの変化が伴ったり、血液の混じった分泌物があったりすることから、比較的にセフルチェックがしやすい病気です。乳がんのしこりがないか、分泌物がないかなどを定期的にセルフチェックするとともに、もしも気になる症状があるなら、躊躇うことなく早く病院で検査を受けることが大切です。

乳がんは早期発見が大切

"女性なら誰でも乳がんのことが心配になると思います。乳がんの場合は早期に発見できれば、治る可能性が高いことが知られています。

乳がんは触ることでも発見できることがあるので、やはり普段から自分でしっかりチェックしておくことが大切だと聞きました。しこりがあっても必ずしも乳がんというわけではなく、良性のしこりの場合も多いそうです。いずれにしても、しこりを見つけたら早めに診察に行くのが一番だそうです。

また乳がんの手術について調べてみたのですが、乳房の再建をする場合は健康保険が適用される場合と適用されない場合があるそうです。シリコンを使ったり自分の皮下脂肪を使ったりと色々な方法があり、どの方法を使うかで保険が効くかどうかが違うみたいです。

何年か前に女性タレントがテレビの健康番組で、自分の乳がんを発見したことが話題になりました。その人は早期発見できたことにより、摘出手術にも成功したそうです。ネットでインタビューも読んだのですが、やはり乳がんには早期発見が大切なのだなと再確認しました。"

PMSの予防と症状の軽減について

"皆さんは、PMSという病気について知っていますか? 日本語では、「月経前症候群」というものです。 女性のほとんどが、生理前や生理中には、体調不良や感情の変化を多少は感じることでしょう。

一般的なのが、「イライラしがち」「怒りっぽくなる」「悲しくなりやすい」「下腹部痛」「頭痛」「むくみ」「食欲が異常に増加する」などです。
これは、症状が軽くてもPMS月経前症候群の症状のひとつです。

しかし、この症状が、非常に顕著に現れて、普通の生活をするのもままならないほどの人もいるのです。 生理前になると、「まるで別人」のようになってしまい、怒鳴り散らしたり、死ぬとほのめかしてみたり、配偶者に当たったり、泣き出したり、・・・本人が一番辛いでしょうが、毎月それを見る家族も、とても大変ですよね。

特に、小さな子供の子育てをしなければいけないお母さん達は、非常に大変です。 PMSは、ホルモンのバランスの崩れが大きな原因と言われています。 ですから、生理が終わると、元どおりになる人が多いです。

治療法、予防法は様々ですが、例えば低容量ピルを飲んで、ホルモンの量を調整するとか、ホルモン剤の投与によっても症状を軽減できる場合があります。
また、毎月大体決まった時期に気分がすぐれなくなるのを知っているのであれば、その時にリラックスできるように色々な工夫をしておくとか、忙しくなり過ぎないようにするとか、ゆったりできるグッズを用意する、などによっても、多少は辛い症状を軽減できるでしょう。"

エコカー減税で浮いたお金で保険加入

エコカー減税ってご存知ですか?それで浮いたお金で生命保険へ加入することが出来ました。エコカー減税について詳しく学びたいならこちら⇒エコカー減税の対象車は?減税と補助金ガイド


Copyright © 2012 女性疾病保険@乳がん、子宮筋腫、帝王切開、流産など . All rights reserved